大学や短大の卒業式の衣装は袴がおススメです。袴は教師などにならない一般人は学生しか着ることができません。

みんなの体験談 卒業式の衣装と思い出
Contents
みんなの体験談 卒業式の衣装と思い出

大学や短大の卒業式の衣装

女性の卒業式の衣装といえば、制服のある学生なら制服しか選択はないでしょう。
制服がない大学や短大などの場合、卒業式の衣装はスーツ、ドレス、袴、振袖などでしょうか。スーツやドレス、振袖の場合はそれぞれ他でも着る機会があります。

しかし、袴に関しては卒業式以外に着る機会がありません。スーツの場合はもちろん、就職して社会人になると毎日でも着ることになります。
色や柄など、卒業式にふさわしいスーツは他でどのくらい着るかはわかりませんが卒業式だけしか着れないものを選ばないと思います。
次にドレスですが、卒業式が華やかなものであればスーツよりは華やかなドレスを着ることもあるかもしれません。その場合はもちろん、レンタル衣装かもしれませんが、そのような華やかなドレスの場合は結婚式や二次会、パーティーなど少ないかもしれませんが着る機会はあります。
そして、振袖ですが、和服でいうとミスの正装なので華やかさはあっても礼装です。

しかし、振袖は成人式はもちろん、結婚式、結納、友人の結婚式など着ることができます。

同じ和服ですが、袴だけは卒業式にしか着れません。なぜかというと袴は学校行事にしか着れないからです。
だから、教員になる方は生徒の卒業式に着ることはできます。
もちろん、学校行事の式典などにも着れます。

しかし、教員になる方は学校の中のどれくらいの割合がいるでしょう。
教育学部というならば割合は多いかもしれません。
しかし、一般的に教師にならないその他の人は袴を着る最後の機会が卒業式なのです。
ちなみに男性の場合はその限りではありません。

おすすめ情報

Copyright (C)2017みんなの体験談 卒業式の衣装と思い出.All rights reserved.