衣装は卒業式ではかなり重要な存在です。私服の学校では、個性的なものがすごく多かったですね。

みんなの体験談 卒業式の衣装と思い出
Contents
みんなの体験談 卒業式の衣装と思い出

卒業式の衣装は個性的

私の行っていた高校は私服の学校だったので、卒業式の衣装はすごく派手で、個性的なものが多かったです。
これが有名なところでもありました。
皆が思い出の制服っていってるのとは対照的に、どんな服装でいくのかっていうのが課題でしたね。私服なので、制限はあんまりなかったので、和装でも洋装でもよかったんです。
これを着なさいっていうのがないところに、個性が発揮されるんですね。ここ一番に気合の入った衣裳で来る人も多かったです。
大学に進学する人は、そこでも使えるようなものを着ていたりしていました。
羽織袴っていう人も多かったですね。成人式の前倒しで、振袖の人もいたなって思います。
そうかと思うと、いつもの服と大して変わらない人もいて、本当に色々でした。

そこにかけるお金っていうのも結構かかっていたので、親は大変だったのかもしれないです。
子供としては、人と違うものがいいって思ってしまうので、新しいもので、ちょっと変わったものを選んでしまいます。
親は使いまわしのできるものがいいんですよね。そのへんの攻防もあったなって思います。
個性を大事にしていた卒業式だったなって思います。
大学のような様相もあり、でも、まだ幼い感じもあって、がんばって背伸びしてる様子がみれるんですね。そういう学校っていうのは、どんどん減ってきてるんですが、できたら多くなっていってほしいですね。新しい衣裳っていうのはどんなものがでてくるのかみてみたいものです。

Copyright (C)2017みんなの体験談 卒業式の衣装と思い出.All rights reserved.